社会人になったらしっかりわきまえたい葬儀のマナー

社会人になったら冠婚葬祭でのマナーで、自身の評価がされるということも多くあります。社会人なら日頃からマナーについてしっかり身に着けて、焦らないようにする必要があるのです。特に葬儀は突然やってきます。結婚式などと違い、色々調べたりする時間もあまりないのできっちりマナーをわきまえる必要があります。
まず人が亡くなるとお通夜があります。親しい人だった場合は訃報をうけたら、お通夜から参列するのがマナーです。しかし職場の身内などそう親しくない間柄の人が亡くなった場合はお通夜か告別式のどちらかに参列します。告別式に参列する場合が多いです。
服装ですが、告別式には喪服を着ていきます。子どもは制服があれば制服、制服がなければ華美でない黒い洋服です。女性の方はメイクは控えめに、アクセサリーも淡水パールのみが許されます。靴も黒でヒールは低めが良いでしょう。
告別式ではまず受付を行います。受付でお悔やみの言葉を伝え、香典を渡します。香典はきちんとふくさにいれて持って行く方が良いです。結婚式ではご祝儀は新札を用意しますが、香典では予期せぬことなので普通のお札で良いです。職場などでは連名で香典を包む場合もあります。事前に代表者を決めて受付では代表者が渡すようにします。