葬儀参列の際の服装のマナー

葬儀に参列する際に気をつけなければいけないマナーは数多くありますがその中でも服装はとても大事なマナーです。
一般的には喪服での参列が基本的な服装で取扱店舗などで一式揃った状態で販売している所は多いので変に間違う人は少ないと思います。
男性の場合はブラックスーツでダブル、シングル、三つぞろいのいずれでも問題はありません。
白シャツに黒無地のネクタイが基本的なスタイルで靴は金属が付いていない黒の物を着用してください。
女性の場合も黒のワンピースやスーツが基本的なスタイルです。
肌を露出しないのが原則なので夏場も五分袖まであるものが望ましいです。
またストッキングや靴も全て黒色が基本です。
冬場の葬儀の場合はコートなどを着用しても問題ありませんが、出来るだけ目立たない色合いのものを選びましょう。
またマナーとして葬儀会場の建物内に入る直前にはコートなどの上着は脱ぐようにしてください。
ただご焼香場所が野外テントの場合はご焼香時のみコートを脱ぎ、それ以外は着用していても差し支えありません。
コートの材質に関しては毛皮や革などの生き物の皮製の物は殺生を意味し、死を連想させるので避けてください。
また同様に手袋やマフラーに関しても毛皮等の皮製のものは着用しないようにしましょう。