葬儀の一般的な流れ

葬儀を営む経験など余りなく、どうすれば良いか不安で思い悩むものです。葬儀の流れの概要を頭に入れ、細かい事は葬儀社の方のアドバイスを受けながら進めれば、何とかなるものです。
仮に故人が病院で亡くなられれば、病院内の遺体安置所に移されます。葬儀社をどこにするかを決めて連絡し、遺体安置所から葬儀社の遺体搬送車で自宅か葬儀会館のいずれかに搬送してもらいます。
葬儀会館で通夜、葬儀を営む場合にも、自宅に戻す場合があるのは、住み慣れた自宅に一旦戻して上げたいと言う遺族の思いです。この場合には、葬儀社の案内に従って、布団に寝かせ、お寺さんに枕教を上げてもらい、一定の時間を置いて、葬儀会館などに再度搬送されます。
従って、死亡後悲しみの中ですが、すぐにお世話になる葬儀社を決めて、段取りをスタートする事が必要です。高齢で入院されていて、覚悟が必要な場合には、縁起でもないと言わずに親族で万が一の場合の葬儀会館などを相談しておくと、バタバタせずに済みます。
葬儀社と最初に相談し決める大きなポイントは、直接葬儀会館に搬送するか、自宅に戻すかと言った点と、次に祭壇のランクなど費用に大きく影響るものを、葬儀社の提示の中で決める事です。
こうして葬儀会館で納棺され、通夜式を迎えます。お寺さんに読経していただき、参列者が焼香をします。お寺さんや参列者が帰られた後は、親族で故人を偲んで話したりしながら、棺を見守ります。最近の葬儀会館には、仮眠施設もあり、交代で仮眠を取る事も出来ます。
葬儀自身の流れは、参列されてご存知のように、葬儀社の会式の式辞、お寺さんによる読経、その中で親族、一般参列者の順に焼香し、葬儀の最後に故人との最後の別れをし、斎場に向かうと言った流れです。この流れの中で、遺族が事前に決める必要があるのは、親族や一般の代表焼香の順などです。
斎場では、読経の後、棺が焼却施設に入れられ終了です。この後、一度葬儀会館に戻り、いわゆる仕上げの食事を摂り、再び骨上げのために斎場に向かい、骨壺に遺骨を納めて会館に戻ります。最近ではその後に、初七日の法要を済ませる場合が増えています。
葬儀を営む経験は誰しも少なく、戸惑うばかりですが、プロである葬儀社の方が必要事項を適時案内してくれますし、心配な事は相談すれば、何とか大きな落ち度なく進める事が出来るものです。